治療案内TREATMENT

後発白内障について

後発白内障

白内障手術を終えて数カ月~1年以上経過した頃、手術直後に比べて視野が少しかすんで見えるようになることがあります。
これは、白内障手術の際に残した“水晶体の袋(水晶体嚢(のう))”が、薄く白色に混濁(こんだく)してくるためです。
この混濁によって網膜に届く光がさえぎられ、再び白内障のような症状が起こることから“後発白内障”といわれています。

治療の方法

実際の治療では、ヤグレーザーという光線で白濁した水晶体嚢の中心を破り、光の通り道をつくっていきます。
多くの場合、一度レーザーを受けると再び視力の回復が見込めるようになります。
また、短い時間での処置が可能という点も治療における大きなメリットです。