治療案内TREATMENT

糖尿病性網膜症について

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症は、糖尿病の合併症・3大症状の1つです。
糖尿病になってすぐに目に変化が起こることはありませんが、10年ほど経過すると目の網膜に出血などの異常が現れてきます。
また、最初のうちは自覚症状が全く無いため、症状が出始めてから手遅れになることがよくあります。
予防・早期発見を行うためにも、定期的に目の検査(眼底検査)を受けることが大切です。